t m s

クイック検索 : "" を含むもの

アーティスト

アルバム

楽曲

キーワード

全てのキーワード(たくさん付けられているキーワードほど大きく表示されます)

イメージカラー検索

楽曲 : 星のまたたく夜空 (Star-studded night sky)

楽曲一覧 この楽曲の紹介文を見る

星のまたたく夜空 (Star-studded night sky)へのアーティストからの紹介文:
【挿話】 その地の、晴れた夜空は美しい。全面に星が輝く。銀河が頭上高く広がり、ときおり現れる流星はかすかな音も残さない。 星の光は、はるかな宇宙からやってくる。地球からポラリス北極星までの距離は、431光年とも323光年とも言われている。かりに400光年とすると、ポラリスの光は3,800兆キロメートルの距離を400年かけてやってくる。見当がつかない。 星を眺めているうちに、私は意外なことに気がついた。それは、地球の歳差運動ために、時代によって北極星が変わるということだ。その周期は約26,000年。現代の北極星ポラリスは、約26,000年前も北極星だった。その間は他の星が北極星だった。 そこで見た北極星は、アパートの窓から見えていた、カシオペア座に近いポラリスのように思えた。私は、26,000年前の時空に飛び込んだのかもしれない。あるいは、52,000年前か。 ただし、剥片石器や動物の骨でつくった釣り針を使っていること、私がいるのは、後期旧石器時代かもしれない。だとすると、26,000年ほど前になりそうだ。 私がみたところ、そこはアッサムのように思えた。その理由としては、雨が多く湿度が高いこと、照葉樹林が多いこと(茶はツバキ科の照葉樹林)、北には冠雪した(ヒマラヤ山脈?)高い山脈が見えること、などがある。

この楽曲の着うたフル(R)購入ページへ

この楽曲のイメージカラー

 

この楽曲のキーワード

 

この楽曲へのコメント