t m s

クイック検索 : "" を含むもの

アーティスト

アルバム

楽曲

キーワード

全てのキーワード(たくさん付けられているキーワードほど大きく表示されます)

イメージカラー検索

着うたフル(R)購入ページへ

アーティストからの告知

更新情報はありません

ディスコグラフィ


このアルバムを試聴する

gods/Quiz

リリース : 2016/02
配給会社・レーベル : bonjin_records
神頼みすれど、神様たちは神様たちでいろいろあるようで、人間頼みしたくなる時もあるようです。そして自問自答から自問他答まで正解はなけれど正解を想像したいという思いをmothercoatならではグレーユーモアで表現されたドリルパッケージ!。

このアルバムを試聴する

GOHUM

リリース : 2015/07
配給会社・レーベル : bonjin_records
自主レーベルbonjin_recordsより前アルバム「Allergies」から約3年の時を経て新作を発表。 今作は埼玉県深谷市郊外にある自宅兼スタジオの凡人ハウスにてじっくり時間をかけてメンバーの手でレコーディング、ミックスされM's disk mastering にてアナログハーフインチテープに取り込みマスタリングするという、音へのこだわりが垣間見られる作品となっている。 前ギターのニノミヤソウ脱退後、アベフクノスケ加入という流れの中、混乱も含めたあれこれを目一杯ミックスし、新たな音像に辿り着いている。 また、歌詞においてもいくつかの曲では言葉の無限の解釈を追求した結果、本来持つ言葉の意味の域を飛び越えて耳に届ける手法に挑戦。 2015年、mothercoatがポップスの進化を望む人たちに送る最高のプレゼントと言っても過言ではない。

このアルバムを試聴する

Allergies

リリース : 2012/08
配給会社・レーベル : bonjin_records
前作"egobag"から約1年3ヶ月ぶりに自主レーベルbonjin_recordsから新作"Allergies"を発表。
今作は日本で自分たちで録音した音をN.Y.にてPaul McCartney, Franz Ferdinand, The Arctic Monkeys等の製作に関わった秀才エンジニアFernando Lodeiro氏(ex.Avatar Studios)によるミックス、Oscar Zambrano氏(Zampol productions)によるマスタリングを経て完成させるという、基本自分達の音を他人に触らせないmothercoatとしてはかなり異例な作品となっている。
mothercoatの作品には一貫して軽い異物感がある。あらゆる音楽がmothercoatというフィルターにかかると5人分の異物が混入して、結果としてどことなく異質な音楽が出来上がっている。それでいて限りなくポップなのは、そこそこ皆家庭環境であったり親の教育が良かったからであろう。
多くの小著名人から傑作との呼び声も高くライブはすでにお馴染みのM3.post、このアルバムのために制作された革新的ミクスチャーM2.in bathtub 、mothercoatならではの捻くれポップチューンM6.pillow talkそしてギガディランの本音と希望が交差する名曲M7.superstar を含む全7曲収録。

このアルバムを試聴する

egobag

リリース : 2011/04
配給会社・レーベル : bonjin_records
現メンバーになり約一年半 ようやく"egobag"(16tracks_63:09)が完成し発売されました。 今作はレコーディングからミックス、マスタリングおよびアートワーク、更には販売まで全て自分達でやるというエゴのみを詰め込んだ作品となりました。あらゆる角度からアプローチをかけられた楽曲は16曲にも及び、それらは全てメンバー各々の粋な計らいにより構築されていき、その計らいがまた計り知れない域に達した事による奇跡勃発!このアルバムは聴く人の心を恐らく鷹掴みすることは間違いないでしょう。全ては公式WEBを隅々までチェックしてみて下さい。

このアルバムを試聴する

パッチワーク_式

リリース : 2009/06
配給会社・レーベル : "T"RUST OVER 30 recordings + natural moisturizing factor records
2007年には毎年テキサスにて行われている世界三大音楽見本市SXSWへの参加経験もあり、未完成のアルバムへのレビューを募る「エアレビュー」企画や六角形手折り紙ジャケットCDの発売などで巷を騒がせ続けてきたmothercoat(マザーコート)と所属レーベル”T”RUST OVER 30 recorings(トラスト・オーバー・サーテー・レコーディングス)は、2009年6月24日にmothercoat 1st full album「パッチワーク_式(読み:パッチワーク シキ)」の発売を発表。 同アルバムは初回生産分のみ世界初のワンパッケージに同内容のアルバムCDが2枚封入された”2枚入りCD”仕様となる。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス、コピーレフト、パブリックドメインといった著作権・著作物に対する考え方や運動が浸透してくる中で、また同時にCDの違法コピーが後を立たない情勢の中で音楽活動を続ける表現者・著作権者であるmothercoatからの発信として、著作権やその他権利をりに入るのではなく、ユーザーに対して投げかけ、委ねてみようとする行動だ。

このアルバムを試聴する

yen

リリース : 2008/04
製品番号 : TOTR-0801
配給会社・レーベル : "T"RUST OVER 30 recordings/ナチュラルモイスチャライジングファクタレコーズ

このアルバムを試聴する

+birdless

リリース : 2007/08
配給会社・レーベル : "T"RUST OVER 30 recordings/ナチュラルモイスチャライジングファクタレコーズ
鳥乱しておりましたが  鳥繕えました 鳥返しのつくうちに 鳥急ぎお買い求め下さい

このアルバムを試聴する

ママ・マナー

リリース : 2006/07
製品番号 : TOTR-0601
お母さん、こっちは生きています。 ROCKがありったけの力でぐわんぐわんにROLLしてくれないと僕等ちっとも癒されないことに、最近やっと気が付いたんです。昨年11月にリリースされた1st album「インターホン」(TOTR-0502)から8ヶ月という短いスパンでリリースされる本作「ママ・マナー」、それまでの東京中心の活動を一気に全国に拡げるべくツアーをこなし、圧倒的存在感を以って思惑通り各地で絶賛を浴びながらも寝る間を惜しんで自宅スタジオにて本作の制作にいそしむメンバー。吸収と消化のスピードはますます速度を上げ、己をパッケージングするという作業はこれまでもmothercoatの作品/ライブには欠かすことの出来ない存在であったエンジニア、スギハラジュンペイを近作より正式バンドメンバーとして迎えることにより完全に他の追随を許さぬ物となり、アナログとデジタルの融合という数多くのアーティストが向かい合ったテーマはここに一つの完成形を見ることになった。目を閉じて音に身を委ねる。Vo.ギガヒトカズの搾り出す声からは時に狂気が見える。G.ミョウジョウマコトの変幻自在のサウンド処理に知性が見える。B.イマダトキのマイルドかつエッジの効いた低音から母性が見える。Dr.ナイトウトモの叩きだすフレーズは時にデジタルビートの隙間で踊り、また時にその無機質なデジタルビートをも包み込む懐の深さで語りかける。 2006年、「ママ・マナー」によってmothercoatの提唱するLowPopStyleが音楽シーンを席巻する。

このアルバムを試聴する

欲と望(dance remix)

リリース : 2006/03
mothercoat 1st album「インターホン」に 収録されている「欲と望」のdance remix。 「欲と望」をご存知の方もそうでない方も 存分に踊れます。

このアルバムを試聴する

インターホン

リリース : 2005/11
製品番号 : TOTR-0502
十月と十日の制作期間を経て、いよいよ1st アルバムリリース!!楽曲制作から録音、ミックスにいたるまでのすべてにおいて一切の外部を遮断し、メンバーの手によって仕上げた今作。昨今のインディーズ作品では珍しくはなくなったこの制作過程で彼らが意図してパッケージングしたのは単純なる“音”ではない。それは息使い、そして鼓動。そして何よりmothercoatという異質なロック・スタイル。全楽曲の詞、曲を手がけるのはVo./G.のギガヒトカズ。そのソングライターとしてそしてパフォーマーとしての非凡なる存在感は時に寺山修司の前衛舞台を思い起こさせ、時にいつか映画で見たウッドストックのあの風景を思い起こさせる。 G./ミョウジョウマコト、Ba/イマダトキ、Dr/ナイトウトモの織り成すサウンドはUS/UKを昇華、濾過し、いつしか飽和してしまった感のある所謂“ギターロック”の枠を大幅にそして革新的にねじりつつも決してポピュラリティーを失わない絶妙のアンサンブルでその世界観を表現している。

このアルバムを試聴する

アウターホン

リリース : 2005/11
本作『アウターホン』は"T"RUST OVER 30 recordings( 漢シオミが運営する『インターホン』の発売元レーベル。)主催による新宿Motionのオープン記念イベント「ARE YOU INDEPENDENT?」への出演を依頼されたことを発端に制作されたものである。 イベント特典でコンピを制作するというのでトラックの提供を要請されたのであるが、 mothercoatはコンピであれなんであれ音源を被らせてリリースすることを嫌うために、現状リリースできるクオリティで余っている音源がないことが出演を快諾できない一因ともなっていた。 そこで『インターホン』のコマーシャルソングを楽しい感じで作ってしまえ!といった軽いノリの音源ならば、被りもなく提供できるということで制作が決まったのであった。 そんな軽い気持ちでバックトラックを作り始めたDJギガであったが、ドラムループを作ってる最中にかなり熱いパターンが浮かんでしまい、いつしか遊びで終われないトラック ができ上がってしまった。 一方、今回の『ARE YOU INDEPENDENT?』というイベント名に触発され、また常々いつかは洒落で押韻ラップをやりたいなと思っていた MCとっきーは、DJギガが5拍子でトラックを作っている らしいとの 情報を小耳に挟みつつも、敢えて音源は聴くことはせずに、これまでの mothercoat リリースの屈辱と栄光の歴史を思い返しつつ、 構想一週間制作二時間で詩を書き上げた。 ボーカルレコーディングの段階で音源を聴き、5拍子に合わせてラップすることを即座に諦めた MCとっきーは、音源の区切れを合わせる事のみでボーカル録りをし、そこへギター明星の小さな突込みを入れてもらった。異様な盛り上がりを見せるレコーディングに触発されたギター明星は生来の変態性 を発揮して5拍子にあろうことか7拍子のギターを乗せてきた。気持ちいいのか悪いのかわからない、けどなんだかすごい迫力を帯びてきた音源に、MCナイトウのリアルかつけだるい営業MCとDJギガのサイケなコーラスが随所にちりばめられ『アウターホン』が完成したのであった。ただでさえ『インターホン』のリリース準備で 糞忙しい時期に 不必要に力の入ったおバカな衝動的作品、これが『アウターホン』である。

このアルバムを試聴する

カルテ

リリース : 2005/10
wild gun crazy compilation の第一弾収録。 1曲目を飾るに相応しいダンス・ナンバー。 曲の最後になってありえない展開から最高の クライマックスを迎える。

このアルバムを試聴する

余白

リリース : 2005/06
製品番号 : NMFR-0004
セカンドアルバムまで待ちきれない、出来ちゃったものは出してしまうさ。 心にいつも余白をね。mothercoatの自主企画「天才辞退」とコインの表裏をなす 自主提案「余白」のタイトルもここから取られています。

このアルバムを試聴する

ヨーグルトバス

リリース : 2005/02
U4+レーベルのリリース第一弾「U4コンピ」に 収録されている異色作。 腐ったヨーグルトバスに乗ってmothercoatは どこまでも行く。意識の果てへ。

このアルバムを試聴する

in coat

リリース : 2004/10
製品番号 : NMFR-0003
out coatと衝撃の同時リリース。 『 in coat』文字通り、内へ内へのmothercoat。主に家の中で録音。

このアルバムを試聴する

out coat

リリース : 2004/10
製品番号 : NMFR-0002
in coatと合わせて衝撃の同時リリース。 『out coat』文字通り、外へ外へのmothercoat。主に家の外で録音。

このアルバムを試聴する

敗音の庭

リリース : 2004/02
製品番号 : NMFR-0001
mothercoat初期の代表曲「雨にも負ケテ」「PlugIn」「rainman」の3曲を収録。 『lowpopstyle』を確立すべく、試行錯誤を繰り返す中、メロディーと詞による独自表現を最もストレートに打ち出した選曲、どこまでも未完成でありながら、氾濫したいわゆるギターロックサウンドから飛び出そうとした。確信的な「mothercoatsound」への第一歩を踏み出した記念すべき作品。

このアルバムを試聴する

fruit mix

リリース : 2003/06
その昔無料で配布していたなつかしの音を活動休止期間のお歳暮として ダウンロード用にリリースしてみました。

プロフィール

あなたの退屈はすべてmothercoatの責任と捉えています。

ギガディラン(vo.?)トキロック(?.vo)アベフクノスケ(gt.?)イリマジリジュン(dr)スギハラジュンペイ(sounder)からなる音楽を軸に右往左往する知的風ロックバンド
そのワガママな活動に魅了される人が後を絶たない反面呆れて離れて行く人も数知れず
責任とは期待に応えることではなくその瞬間にある姿を偽らないことである

Twitter: https://twitter.com/mothercoat
Facebook: https://www.facebook.com/mothercoat?ref=hl

メンバー

ギガディラン ( ボーカル , ギター ) トキロック ( ベース , ボーカル ) アベフクノスケ ( ギター ) イリマジリジュン ( ドラム ) スギハラジュンペイ ( サウンドクリエイト , その他 )

全ての楽曲のイメージカラー

全ての楽曲のキーワード

このアーティストへのコメント