t m s c

mixiでログイン

クイック検索 : "" を含むもの

アーティスト

アルバム

楽曲

キーワード

全てのキーワード(たくさん付けられているキーワードほど大きく表示されます)

イメージカラー検索

PV

Love Princess
Love Princess

アーティストからの告知

The Watanabesは東京を本拠地とするインディーズロックバンド。メンバーはイギリス、ニュージーランド、スウェーデン、日本から集まった。みかんがごろごろしてる愛媛県で2005年に結成。2年後、新しいステージを目指してThe Watanabesは上京。Belle and SebastianやTeenage Fanclubも手がけたグラスゴー出身のDave Naughtonのもとでセカンドアルバムを作り終わって、二月2011にリリースしました。みんなに見せたり、ライブで新曲をやるのを楽しみにしてる。質問、賛辞、非難などはthewatanabes@gmail.comまで

ディスコグラフィ


このアルバムを試聴する

Hot Water Hills (Ezo Mix)

リリース : 2011/05
配給会社・レーベル : BabyBoom Records Japan
アルバム「You're dancing I'm absorbed」に収録されている「Hot Water Hills」を デビッド・ノートンが手がてたケイト・シコラをフューチャリングした、 スロウテンポダヴリミックス。

このアルバムを試聴する

Ice Age (Ezo Mix)

リリース : 2011/05
配給会社・レーベル : BabyBoom Records Japan
アルバム「You're dancing I'm absorbed」に収録されている「Ice Age」をデビッド・ノートンが手がてたポップダンスリミックス。

このアルバムを試聴する

You're dancing I'm absorbed

リリース : 2011/05
配給会社・レーベル : BabyBoom Records Japan
一括ダウンロード : ¥1200(税込) このアルバムをダウンロード購入する
海の向こうからやってきた “ガイジン” が、この東京で打ち鳴らすギターポップ Belle and Sebastian、Teenage Fanclubを手がけたプロデューサーと、日米のゲストミュージシャンを招いて完成した、タイムレスなグッドメロディーがここに ! The Smithsを連想させるバンド名同様、内容もネオアコ・ギタポ直球勝負の1枚です ! プロデューサーには、Belle and SebastianやTeenage Fanclubも手がけたグラスゴー出身のDave Naughtonを迎えて日本にて録音。ナチュラルな楽器本来の持ち味と、奥行きのあるサウンドスケープを持つ、ギターポップアルバムとして完成。またゲストミュージシャンとして、ここ日本でも活動を行う女性SSW、Kate Sikora (The Loyal We) や、カナダでのライブも好評を博した東京のインディーバンド、「グーミ」 の小畑亮吾 (バイオリン)、UK出身のマルチプレイヤー、Nick Duffy (アコーディオン/オルガン) が参加。 世界中で脈々と続くネオアコ、ギターポップ、フォークの流れを、この東京でその手に集めて、再び世界へ発信する事。そんな彼等のささやかなインディペンデントな想いが詰まったアルバム。

このアルバムを試聴する

There are ghosts around here

リリース : 2009/11
配給会社・レーベル : Babyboom Records Japan
一括ダウンロード : ¥500(税込) このアルバムをダウンロード購入する
五月2009に録音したレコードですけど、ちゃんとリリースするつもりではないです。カツ丼は人気!

このアルバムを試聴する

Independent Social Power

リリース : 2009/08
配給会社・レーベル : Babyboom Records Japan
一括ダウンロード : ¥800(税込) このアルバムをダウンロード購入する
4つの異なる国から日本を訪れた”ガイジン”は、哀愁漂うメロディーとギターにのせて、日本人の恋人との別れや、海の向こうの故郷での懐かしい日々に思いを馳せる。ギターポップもソフトロックもフォークも飲み込み、さらにはJ-POP並みに輝くポップネスは、言葉の壁をも飛び越えて僕らを笑顔にしてくれるんだ。

このアルバムを試聴する

Astley Days

リリース : 2007/05
配給会社・レーベル :
一括ダウンロード : ¥200(税込) このアルバムをダウンロード購入する
生け花に抱く詩的な感情、先生の下着を眺めた小学校でのエアロビクラス、和式トイレの使用法を学ぶまで、などなどを含んだThe Watanabesのデビューミニアルバムは、同じ年頃の友達を作れそうにない不運な人々の境遇を表現している。 Astley Days は、恋愛での成功を夢見ながら、退職したお年寄りと青年期を過ごしているすべての若者にささげた歌です。

プロフィール

2005年、愛媛への来日を機に日本でのバンド活動を開始。The Smithsを連想させる、”ワタナベズ”というバンド名は愛媛で一般的な名字に由来している。2007年以後は東京を中心に活動中。The Smith やBelle and Sebastionに影響を受けたサウンドと、彼等の特異なバックグランドを表現した歌詞が混
じり合い、ネオ・フォークとでも形容すべきオリジナリティを確立。またタイトな演奏と3人による 美しいコーラスが特徴的なライブパフォーマンスは、多くのライブイベントやデザインフェスタでも 評判を呼び、2007年には外国人バンドでありながら、Fuji Rock FestivalのRookie A Go-Go審査突破50 組の一つに選出、イギリスではBBCの新人特集、日本でも日本テレビやJapan Timesといったメディアに度々取り上げられる。2010年には日本人ドラマーを迎え、4カ国からなる文字通りインターナショナルバンドとしての活動を東京にて展開中。
Belle and Sebastian、Teenage Fanclubを手がけたプロデューサーDave Naughtonのもとでセカンドアルバムを作って、二月2011にリリースしました。”The Smiths” を連想させるバンド名同様、内容もネオアコ・ギタポ直球勝負の1枚です!

メンバー

Ashley Davies ( ベース , スクラッチ ) Tadashi ( ドラム , ダンス ) Selwyn Walsh ( ギター , ボーカル ) Duncan Walsh ( ギター , ボーカル ) Stefan Samuelsson ( キーボード , ダンス )

全ての楽曲のイメージカラー

全ての楽曲のキーワード

このアーティストへのコメント